簡単お見積りはこちらから
 


    メールでのお問い合わせはこちらから
 

    お知らせ
東北地方太平洋沖地震について

このたびの東北地方太平洋沖地震において被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
一刻も早い被災地の復旧を心からお祈り申し上げます。


簡単自動お見積りシステムはコチラからどうぞ。

自動見積りでは選択できない仕様、もっと細かなご要望をお持ちのお客様は、お気軽にメールまたはお電話にてお問い合わせ下さい。
TEL 087-894-1089お電話お待ちしています。






無線綴じとは

 

無線綴じとは、丁合の完了した折丁の背に糊を塗布して表紙を貼り付ける製法。 弊社では背を一度切り落として、接着面を作る切断無線綴じを使います。ページのずれが無いため、中綴じよりも多ページの冊子に向いています。



簡単自動見積り


お問い合わせはコチラ




「中綴じ」とは


本を開いた状態の紙(通常1枚で4ページ分となる)を重ね、中央部分に沿って針金にて止める製法。 総ページ数は表紙を含めて4の倍数ページで作成される。 パンフレット、リーフレットなどでよく用いられる。あまりページ数の多いものには向いていません。

 

※この製法での製本については、直接お問い合わせ下さい。


お問い合わせはコチラ




「和製本」とは


「和製本」とは、日本古来の装丁法によって作られた本のことを言い、「和本」「和書」などとも呼ばれています。
和製本といえば、現在では「袋綴じ(線装本、和綴じ)」のことを指すのが一般的です。

 

※この製法での製本については、直接お問い合わせ下さい。


お問い合わせはコチラ



e-製本どっとねっと